住宅の床下や玄関で行なう本格的なシロアリのセルフチェック

シロアリ被害のセルフチェック~気を付ける点はこれだ~

室内のセルフチェックの次は、住宅の床下や玄関を確認しましょう。駆除業者も行なっているチェック方法ですので、本格的なチェックになります。気をつける点をしっかりと守り、旦那さんと協力して行なってください。

住宅内部以外のチェック箇所

床下
地中から住宅に浸入するシロアリは、蟻道を作って床下の基礎コンクリートから土台の木材を目指します。床下では、基礎コンクリートや束石、配管の周辺などに蟻道がないかをチェックしてください。湿気が多い浴室やキッチンなどの水回り、玄関や勝手口付近は被害が大きい場所なので、重点的に確認しましょう。
玄関や勝手口
玄関や勝手口から、シロアリが浸入するケースが多くなっていますので、チェックしてください。旦那さんに頼まなくても簡単に確認できます。扉枠周辺に蟻道やシロアリが通った痕跡がないかを調べます。玄関や勝手口の上がり框や土間コンクリートをチェックしましょう。特に、扉枠やポーチ柱がタイルや土間に埋め込まれている住宅は、注意が必要になります。

業者の調査も依頼

上記のような本格的なセルフチェックをしなくても、最近は無料で現地調査をしてくれる駆除業者も存在しています。連絡すると、ヒアリングを行ない、担当のスタッフが自宅を訪れて被害状況を調べます。現状を把握し終えると、丁寧に被害状況を説明して対策法を提案します。その後、正式な見積もりを提示しますので、無料の現地調査の結果を聞いてから、契約することもできます。

業者の現地調査は無料!

作業員

現地調査はコストがかかるのですが、安心して依頼してもらうために、無料で行なっている駆除業者は多く存在しています。現地調査サービスを利用すえば、他社と見積もり金額を比較でき、調査時のスタッフの対応も把握することができます。そのため、安心してシロアリ駆除を依頼することができます。信頼できる駆除業者なのかを判断する材料として、無料の現地調査を利用しましょう。

TOPボタン